薄毛や白髪の男性に対して普段から思うこと

40代ともなると男性は毛髪に変化が現れる方が多いですよね。黒々として、フサフサな方のほうが少ないのではないでしょうか。そんな薄毛や白髪の男性に対して普段から思っていることですが、やはりどちらも年齢より上に見えてしまうということです。ただ、白髪の方はイメージ的に「おじさま」という感じなのに対して、薄毛の方は「おっさん」という感じなのです。白髪で薄い方に関してはもう「おじいちゃん」にすら近づいているかもしれません。

髪の量には問題なく、白髪が多いだけでしたら似合うならそのままでも私は問題ないと思います。ロマンスグレーのおじさまはカッコイイですし、スーツ姿が決まっていれば思わずキュンとすることもあります。しかし薄毛に関してはあまり良い印象を持たない方が多いかもしれませんね。私も家族や友人、知人に髪の薄い人はいますが本当のことは本人には言えません。ですが、やはり髪はあったほうがいいなあと心の中では思ってしまいます。知人の中に一人、薄くなってからスキンヘッドにした方がいるのですがこれがまたよく似合っています。

薄い髪にはもう未練は残さず潔いのが逆に男らしくて良いと思います。芸能人で言えば市川海老蔵さんのような頭でも、本人に似合っていればとてもかっこいいですよね。なので、職業によっては剃ってしまうのもありだと思います。(知人は食品工場に働いているので、髪が商品に入らなくてちょうどいいらしいです)普通のサラリーマンがいきなり剃るのは勇気がいるかもしれませんが、でしたら植毛なども考えてみると良いかもしれませんね。