白髪が多い友人の旦那さんが突然白髪スタイルに変身

友人の旦那さんが白髪が多い人で、30代後半の頃からチラホラ白いものが目立ち始めていたそうです。最初のうちは、やはり若い年代ということもあって、白髪染めをして目立たないようにされていました。ですが、40代50代と年を重ねてくると、徐々に白髪の方が黒髪よりも多くなり始めました。すると、逆に白髪を隠そうとするのではなく、その白髪を活かすように敢えて髪を染めなくなりました。白髪スタイルへの変身がある日いきなりのことだったので、最初は驚きました。こんなにも白髪の多い方だったとは全く気付きませんでした。確かに最初のうちは、白髪で少し老けたような印象を受けましたが、すぐにその姿に慣れました。寧ろ今では、歳相応の姿に感じて、白髪がアクセントになって素敵な髪色に見えます。まばらというよりは白髪の割合の方が多いのでいいのかもしれません。

ご本人も最初は、いきなり白髪頭を他人に見せることに少し躊躇があったようですが、案外1度見せてしまえば、堂々とした気持ちでいられるようになったと話されています。若い時は、白髪が多いことが悩みだったそうですが、中年男性になった今では、年齢を重ねることの良さとして受け止めているのだそうです。黒髪の若々しい姿も素敵でしたが、今の自分の本来の姿をそのまま見せた白髪頭スタイルも、なかなか味があっていいなと思いました。歳をとってきたという人間の深みみたいなものを感じます。不思議ですが、白髪頭スタイルにされてから、少し中年の色気みたいなものも出てきたような気がします。黒髪で若々しく見せるのもいいですが、白髪姿をさらけ出すのもありなのかもと思いました。