男性の見た目年齢が髪の毛の影響が多いようです

男性が老けて見える原因は、社会で活躍しているから。一人の男性として、家族を背負う大黒柱として戦っているからだと思います。大変なことを成し遂げた人はそれが顔にでるのだと思います。スポーツ選手や政治家なども実年齢より老けて見えることが多いです。大舞台で戦う人はどこか落ち着いていて、その覚悟や意気込みがオーラとなって出ています。その人の人生が男性を老けさせるのではないでしょうか。

ですので、老けて見えることは決して悪いことではありません。私の経験では、実年齢よりも若く見える男性は独身で自分のために使えるお金がたくさんあり、お洒落や趣味を楽しんでいる人が多いです。結婚して旦那さん、お父さんになれば自分ことだけしているわけにはいきませんから。では、結婚していても若く見えるようにするためにはどうすればいいか。やはりお洒落に気を使うことです。それと、体系もじゅうようです。ぽっこりお腹、ビール腹は「おじさん」のイメージがあります。お腹が出ているだけでかなり老けて見えます。

逆にシュッと引き締まった体型の人は「お兄さん」のイメージになります。程よく筋肉があればもっといいですね。そして、髪型もボザボザ寝起きのままじゃなくてきちんとセットしているとお洒落な感じで若く見えます。男性、女性どちらも常に自分を磨いて外見に気を使っている人は実年齢より若く見え、そうでない人は実年齢よりも老けて見えるのです。

白髪が多い友人の旦那さんが突然白髪スタイルに変身

友人の旦那さんが白髪が多い人で、30代後半の頃からチラホラ白いものが目立ち始めていたそうです。最初のうちは、やはり若い年代ということもあって、白髪染めをして目立たないようにされていました。ですが、40代50代と年を重ねてくると、徐々に白髪の方が黒髪よりも多くなり始めました。すると、逆に白髪を隠そうとするのではなく、その白髪を活かすように敢えて髪を染めなくなりました。白髪スタイルへの変身がある日いきなりのことだったので、最初は驚きました。こんなにも白髪の多い方だったとは全く気付きませんでした。確かに最初のうちは、白髪で少し老けたような印象を受けましたが、すぐにその姿に慣れました。寧ろ今では、歳相応の姿に感じて、白髪がアクセントになって素敵な髪色に見えます。まばらというよりは白髪の割合の方が多いのでいいのかもしれません。

ご本人も最初は、いきなり白髪頭を他人に見せることに少し躊躇があったようですが、案外1度見せてしまえば、堂々とした気持ちでいられるようになったと話されています。若い時は、白髪が多いことが悩みだったそうですが、中年男性になった今では、年齢を重ねることの良さとして受け止めているのだそうです。黒髪の若々しい姿も素敵でしたが、今の自分の本来の姿をそのまま見せた白髪頭スタイルも、なかなか味があっていいなと思いました。歳をとってきたという人間の深みみたいなものを感じます。不思議ですが、白髪頭スタイルにされてから、少し中年の色気みたいなものも出てきたような気がします。黒髪で若々しく見せるのもいいですが、白髪姿をさらけ出すのもありなのかもと思いました。

老けてみられる男性に共通する3つの特徴とは

友達と話をしている流れでご主人の年齢を知る機会がときどきありますが、ご主人を見たことがある場合、多くは(もっと年上かと思った…)と思うことがあります。一番失礼極まりなかったのは、お父さん?と間違えてしまったとき。老けてみえたご主人たちにはいくつか共通点がありました。

まずは「頭」薄毛・白髪自体が老けてみえる理由になると思いますが、とくに白髪の場合は「つや感のないボサボサ」は見た目年齢を一気に老けさせます。要はきちんと整髪されていないというのが、だらしなさも垣間見え、「若々しさ」を消失させるんじゃないかな、と思うからです。あと男性は日焼け止めクリームなどを日々塗ることがありませんので、同年代の女性とくらべると、ただでさえ、しみ・しわが多い人が目立ちます。
前述の友達のご主人もそうだったように、あの肌感(乾燥して小じわがたくさん…しかもこめかみに大きめのしみ)そして深く刻まれたほうれい線に、まさかまだギリギリ30代だなんて。

そして「姿勢」。ご主人たちに共通していたのは『猫背』です。男性はけっこう猫背気味の方ちまたでも多いと思いますが、前かがみの姿勢ってお年寄りを連想させるのか、若さを感じることができません。きっと白髪や薄毛だけ。あとの肌はキレイで姿勢もよければ、そうそう老けては見えないと思います。多少猫背であっても、黒髪ふさふさヘアの、つる肌の持ち主であれば、そうそう「老けたおじさん」にみられることもないと思います。

「手入れされていない白髪or薄毛」
「ほうれい線などの顔のしわ、しみ」
「猫背」

この3つの重なりが多いほど、老けて見える要因なんじゃないかと確信?しています。あ、あとは、自分の外見に無関心・無頓着、この「ナイナイ」もよくナイと思っています。^

シャンプータイプの白髪染めなら伸びてきた髪もケア出来

勤め先の40代の男性にも、白髪が目立つ方もいらっしゃいます。中には、理容室で染めてもらったり、白髪染めを使ってマメに染めているのが分かる方が多いのですが、下から髪が伸びてくるとやっぱり目立ってきてしまうのですよね。白髪が目立つようになると、印象もだいぶ老けた感じにもなるので、チョッと気の毒にもなります。40代で目立つほど白髪が生えているのって、若白髪の感じになるのでしょうか。同じ40代の男性でも全然白髪がない方もいらっしゃいますからそうなのかもしれません。

自宅で簡単に白髪染めをすることを考えると、すぐに頭に浮かぶのが2液混合タイプの白髪染めを想像しますけど、2液混合タイプだとその時点で生えている髪に大して染めてくれるので、伸びてきてしまうとどうしてもその部分が白くなってしまいます。といっても、なかなか頻繁に染めるのは面倒なのかもしれません。白髪が目立つってきて染めて、また伸びてくると白髪が目立つを繰り返す感じですから大変だと思います。
いつも若々しく白髪をケアするには、最近ではシャンプータイプの白髪染めが便利なのではないかなと思っています。

シャンプータイプの白髪染めであれば、2液混合タイプの欠点とも言えそうな、「手や顔につくと黒くなる」こともなく普通に手で扱えて、毎日のシャンプー毎に髪を少しづつ染めていってくれるので、髪が伸びてきても、その分まで日々ケア出来るから白髪のが目立ってくるようなことがないと思うのです。髪に優しい成分で作られているから、髪が痛むようなこともないそうです。
若々しくありたいが為の白髪染めでしたら、シャンプータイプのものを検討してみても良いのではないでしょうか。

薄毛の中年男性が女性に対して自信をもてるには

思い出してみると、私は小さければ小さいときほど、薄毛の男性に対してなんとなく嫌悪感を感じていたように思います。(頭うす~ハゲてる!…)とそのパーツのみフォーカスして、マイナスの感情が沸いてしまう、そんな心境です。ですが最近、というより年を重ねるにつれ、いわゆる’’おじさん世代’’の薄毛に対しては、前のように感じていた若い頃の気持ちとちょっと違ってきたな~と思います。というよりも「見方」が変わってきたといいますか…

若い頃はその「薄毛の頭のみ」でその人の印象を決めつけていた感じなのですが、年々その薄毛を含め「全体の雰囲気」で男性の印象をとらえるようになってきました。簡単に言えば頭だけにフォーカスしなくなった感じです。薄毛でよくいじられるブラマヨの小杉さんは、薄毛でも髪型もきちんと、清潔感もありますので私は全然気になりません。頭頂部周囲はかなり’’キテマス’’状態だそうですが(笑)薄毛を含める全体の雰囲気で彼へ嫌悪感はありません、むしろ好感がもてているくらいです。

そうなのです、私が薄毛の方に対してマイナスな感情をもつときは、見た目の’’ヘア’’もファッションも「だらしない」「清潔感がない」と感じるときなのです。あと小杉さんに好感がもてるのは、薄毛を卑下せず?!明るく楽しい雰囲気があるからかな~と思っています。薄毛なりにもヘアスタイルに気を配り(なかには気を配れないレベルの方もいると思いますが)、その人の身なりや’’物言い’’、’’立ち振る舞い’’、あと本人のポジティブオーラがあるか、などでマイナス要素の薄毛を気にさせないくらいの印象にできると思っています。^^

私の周りの薄毛のおじさまの中で「残念」な方は、薄毛を気にする言動をしつつも、実際には薄毛ヘアと自分の身なりには気にかけず、ネガティブな雰囲気を漂わせている、、、もったいないな~と思います。^^;薄毛と共に老けて見える原因に白髪があります。こちらもキレイにしていれば問題ないのですが、白髪でバサバサでは最悪ですよね。染めるにしても、ベタに真っ黒では意味がありません。清潔にさり気なく自然に目立たなくなるように染めることが大切なのでしょうね。

男性が白髪を目立たなくさせる方法は何だろう

男性が白髪を目立たなくさせる方法って何なんでしょうか。考えてみるとあまり方法が見当たらないものですよね。私が思う、白髪隠しの方法は、染めてしまうことだと思います。染めるにしても普通の茶色や、黒などではダメです。あえて、白髪と同系色に染めてしまうのです。同系色とはつまりシルバーです。シルバーに染めてしまうことは全然不自然ではありません。最近ではシルバーに染めることが流行っているので、美容院や理容院でも気軽に染めていただけます。

シルバーに染めてしまうことで、白髪が目立たないどころか、どこにあるなかすら分からなくなります。実は白髪を隠す為に染めているのに、すごくおしゃれな人に見られますのですごく得だと思います。黒や茶色だと、すぐに白髪が見えてきます。実際に私の父親も時々白髪染めで黒に染めたりしているのですが、すぐに白髪がチラチラしてきます。何度も何度も染めたりしないとダメなので面倒だと言って、もう染めずにほったらかしています。私の母親は白髪を染めるのでは無く抜いているのですが、それもまた面倒くさいそうです。

聞いているだけで面倒くさいですよね。最近は量が増えていているのに、それを1つ1つ抜いていたら何時間かかるのか。腕も持ちません。なので白髪をどうやって隠したらいいのか迷っている人は、一度シルバーに染めてみてください。そうすると本当に楽だし、すごく気に入ってこれからもずっとシルバーに染めたくなると思いますよ。